町の紹介

歴史

中仙道の裏街道として栄え、宿場町として賑わいを見せ、市街地には今もその名残を多く留める町並みがある。産業では森林資源が豊富なことから、林業が発達した。現在も多くの製材業などが残っている。
また江戸時代後期から明治期にかけての維新前後には、混乱の中での戦争の傷跡が今も残っており、それらの碑も建てられている。

自然

下仁田町は町のほとんどを山林で占められており、緑豊かな自然に包まれている。町の中央を利根川の支流である鏑川が流れ、あちらこちらに湧水があり、遠方より求めてくる人も多い。
また、秩父古生層の蒼い岩が来る人を楽しませてくれる青岩公園や特殊な地質もあり研究者の間では有名な存在。

文化

町の中央に鎮座する諏訪神社、妙義山の中腹にある中之嶽神社など古よりその信仰を集め、例祭などは今も盛大に営まれており、その文化を伝習している。
また、各地に生きづく獅子舞などの伝統芸能も数多く残されている。

ピックアップ

文化

町の中央に鎮座する諏訪神...

詳細へ

自然

下仁田町は町のほとんどを...

詳細へ

歴史

中仙道の裏街道として栄え...

詳細へ